スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

猛省

こんばんは。


フットサルとは全然関係ないんですけど、看板の安さにつられて入った美容室が最悪だったことにへこみあげてしまいました。



罰ゲームか!といわんばかりのひどい技術!



特に誰にも触れられていないんですが・・(笑)



適当このうえ極まりないおばはんでしたよ。



ああ、SNSではあまり下手なことはかけないんですがね(笑)



挙句の果てに看板の料金は子供・・。そう書いとけ!!まぎらわしいわ!と心中穏やかではいられませんでした。




本題です。




昨日岡山に練習試合に行きました。




岡山県リーグ1部に所属する、SFOLSO、TOYOTA RL新岡山、NFCとうちの4チームで。




結果は、10分を3周してトータルなんですが、



vs SFOLSO 3-2〇
vs TOYOTA 2-3●
vs NFC 2-4●


だったと思います。




対戦するチームによっては、やろうとすることがはまる場面もあったし、攻撃の意図している形も要所で見られた感じはありました。




やれるな!という手ごたえは感じました。




が!1本目の出来に本当に納得できず、禁じ手を試合中発動。



自分の猛烈なパスの要求に、味方が答えてくれず激高。



「熱くなるな」と一喝された後、もう駄目でしたね。



イライラして冷静でない自分にベンチから飛んでくるのは、負の声。



私のメンタルは崩壊。失点に絡むのオンパレード。



タケシさんにしつこく言われたことなんだけど、チームの雰囲気を壊す声はダメだということを改めて痛感しました。出したくてだしてるわけじゃないんですけどね。




だけど、自分の言い分としては、試合をする!という風に意識とか準備する意識が薄すぎてふわふわした立ち上がりだったし、周りの声も指示の声も圧倒的に少ない。練習からずーっと言い、言われ続けていることを全然できていない。




まあ、けど昨日のは俺が悪いです。別にきれなくてもいい場面だったと思います。




「こっちもあるよ」と言えば済むシーンでしたから。




イライラしたまま交代を強要してコーナーの時に交代した直後に失点。



チームとしてもっとできるんよ!という気持ちばかりが先行してましたね。




navio戦やalegletio戦でも、1試合通してずっと冷静なメンタルでいられたのに完全に思い上がりですね。




自分が上手くいかなくても、味方がしょうもないミスをしても、どんな場面でも「冷静でいること」。




これです。



イメージと現実のギャップにイライラしない。




人工芝でやって改めて感じたことですが、フィジカルがなさすぎることもね、反省でした。




クリアランスからのボールをダッシュしたあとでも涼しい顔でおさめれるようにならないと。



と、思い浮かびあがるのは自分の反省点ばかり。




チームとしては、声とか切り替えという部分は、もうずーっと継続してやっていかないといけないこと!




そして、やろうとしていることの個々の理解の面での整理。



相手がこうきたらこう、味方がこう動くからこう。



という部分の準備しておく意識。




「意識」って大事ですよ。




前回金曜に練習した後、MTGであったと思うけど、「流れの中で使えるようにならないといけない」




結局形にこだわるという部分が相手の守備陣形を整えさせ、飛んで火に入る夏の虫状態の攻撃になっている。




そういう部分で相手より早く準備し、仕掛ける。




常に人もボールも動いている状態だから相手もDfしづらいわけだし、相手があたふたしとるときに自分たちは早く攻撃への切り替え、準備をする。




ボールを動かし、人も動く。




悪い時は人が止まっている時。足もとばかりで要求してる時。




いい時は自然に声出るわけだし、重要なのは悪い時に声が出せるかどうか。




「動きがないよ、抜けようや」




この一言で防げた失点も何本かありました。




もういっかいチームで話をしてチームとして何をすべきか、個々がどうなっていくべきかを代表中心で話し合いながらやっていきましょう!




長文失礼しました!



スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/509-6473f016

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。