スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

2013/06/24

こんばんは。



先週日曜と、この土日は県リーグ5節と福山Jrフットサル大会の運営のお手伝いでした。



いまさら感は否めませんが。5節はnavio呉 HIU Futsalに9-2で勝ちました。



2試合連続4ゴールと調子は上向きです。



Offシーズンでの走りこみと体幹TRが功を奏しているなという感じがします。



ただいまは、その貯金分で動けている感じ。



猛烈に疲労がたまりやすい体になっているし、動ける週と全く動かない時もある。



来月の試合そして、7,8,9節あたりを想定してもっと質の高い動きを1試合通してできるように日々の積み重ねを大事にしていきます。



チームとしては、守備に関してはメリハリを。



攻撃は、「やろうとしていること」を全員が理解、そしてその形に持っていくための「準備の動き」をたかめること。



金曜のMTGで代表が言ったことを全員が意識をもって、ピッチに立ってほしい。



そうすればおのずと、いい攻撃の形を作れていけますでしょう。



両方に言えることは、とにもかくにも「切り替え」




切り替えが遅ければピンチを招き、切り替えが早ければチャンスをもたらす。




結局、土台がしっかりしていないと上にいっても簡単に崩れ落ちるだけ。




難しいことは今はそこまで要求されていないはず。



シンプルなことを、理解する。考える。




個人的に思っていることは、もちろんチームの練習でもお互い、そしてチームメイト同士意識高く持ってやればできるのかもしれませんが、「プレスの早い、そして積極的にチーム全体でかけてくる」ようなチームとTMがしたい。



navioでの2失点は個人のミスでという感じにみんなは思っているかもしれませんが、違う。



結局、そういう状況にならないように周りが声かけ、準備を早くすれば味方のミスは誘発されなかったシーン。



練習でやっている時の意識の高さはもっともっと上げれる。




高められるんです。



やっていることは一貫して変わらない。



チームが緩んでいるとは思いません。が、勝ちになれていない部分があるのか、ふわふわした雰囲気でいてはいけない。チームとしての完成度は30%もないと思ってほしい!あの神戸での遠征で見た関西圏のチームの完成度の高さを思い出しましょう。チームの個々がチームとしてやろうとしていることの理解度の高さをもってピッチに立っていること。



たった一人が理解していてもいけない。陸上の個人種目ではないのです。全員が理解することが大事。




TRでのゲームの前に、もう一度確認してやりたいですね。




活気がある今ならできるはず。



練習では試合以上に熱く激しく、冷静に走りましょう。



ケガに気をつけて。



Jrフットサル大会では、優勝したチームのなかの中心選手といえる子たちかな、特に喜びをあらわにすることもなく、淡々とやっている姿が印象的でした。




上手くても、監督コーチの指示とかに不満を態度であらわにする子。



決勝でぼろ負けを喫して泣いてしまう子。



スーパーゴールを決め天に腕を突き上げる子。



まあ、子供なりに思いはあるのでしょう!笑 いや、むしろ子供だからこそ純粋で熱い思いがあるのでしょう。




熱かったですね~。



ですが、それ以上に熱いのは大人!



なのは言うまでもありません!笑




来節に向けて「いい準備」をします!








スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/508-dd0db5df

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。