スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

2013/02/04

こんばんは。


激動の2日間を終えました。


まず、土曜日。


今回、静岡県浜松市を拠点とするFリーグのチーム、アグレミーナ浜松のセレクションを受けに行ってきました。


2か月前に応募要項を知り、締切1週間前ぐらいまで悩んで参加を決意しました。


MARDEUSで県リーグ3部を1年、2部を2年経験し、1部昇格を目標に取り組んでいく中、なかなか結果を残せないことに悶々としている日々を送っていて、上を目指して取り組んでいるフットサルプレーヤー達は、どれほどのものなのか心底知りたい気持ちでした。


もちろん受かりたい気持ちもあるけれど、正直腕試しのような感覚でした。


私個人として、突出した能力や自信に充ち溢れるものは何もないわけで、もしかすると場違いなところに・・という葛藤もありましたし、その日にたどり着くまでの公私の準備は大変でした。


仕事に関しては、理解をしてくださった上司に感謝しないといけないなという気持ちがとても強かったです。このセレクションに参加させてもらえたということを。


セレクションのことをいうと、軽くアップ(笛の後数字を聞いてその人数集まる)から、4対3のボール回し(制限が何種類かあり)、1対1からのシュート、のちゲームを1時間半という流れでした。



のちに聞けば、Fの町田や浦安のサテからきている子もいたとかで、一緒にボール回ししましたが、持ち方とか体の入れ方が上手かったです。完全に自分の間合いで寄せてボールを触っても、簡単には取らせない。早いプレッシャーになれてるんですね。



福山では、早いプレッシャーを感じながら試合をすることは・・ほとんどありませんね(笑)



だから、チームでその辺を突き詰めながらやれるようになりたい。



ま、その前にひとが集まる集まらないの段階なんですけど(苦笑)



レベルに関してはかなり幅広かったですかね・・。


ど素人ではないにしろ、うーん・・って感じさせられたりとか、レベルではないけど日系人が多かった!軽く打ってるシュートが、それ俺の120%のシュートやん、って思わされたり・・。でもそんな仕掛けるの上手くないね!きっちり奪いきったりもできましたし。的なこともありました。



始まる前の、前田監督の選考基準の説明は、「戦術うんぬんよりも、判断のできる選手を求めてる」ってことでした。


レベルの高いところでプレーできることは、やはり喜びだなと感じましたし、120%出し切れた感がありました。清々しい気持ちでした。



ゲームで同じチームだった子で、東海1部のプライアグランジの選手がいたんですけど、87年生まれで同級生ってこともありウマが合いました。


足が速く、ゴリゴリ系ではなくテクニック系でもないんですが、とてもしなやかなプレーが印象的でした。本人いわくPIVOだというてたので、チームでもゴールゲッターのようです。



銀行員ながら、俺はアジアでやる。と豪語。


とにかくこの考え方になんかすごいな・・と思いましたね。



「志高く持ってないと人生つまんねえから、毎日頑張ろうぜ」



こんなマンガの世界からでてきたような彼に出会えたことが1番の収穫でしたね。



いい刺激を受けました!



そして、日曜日はブランコ、ローザス、自分の即席チーム「LIMITED EDITION」で参加となった、施設連盟選手権。



続きはまた今度で。






スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/493-37f44b54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。