スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

2012/09/20

こんばんは。


朝晩は、秋らしさを感じるような涼しさになりました。



いろいろ感じたことの多かった京都OP。



振り返れば4試合で5得点。流れの中で2点、キックインから3点。



練習のときにゲームができないフラストレーションを晴らすかのように、点を取れたことはよかったです。



チームも、4試合で10点取ってますからね。



去年の決定力不足を思えば、進化しているととらえてよいのかなと。




あえて、着目点をづらしての自己評価ですけどね。




個人的にいちばん大きく感じたことは、「守備の一体感」




これがないと、本当に難しい。




毎回練習参加しているメンバーのセットでも、声だけではカバーできない部分が試合には出てくる。




オフェンスは、ある程度このアイデアにたよれたりすることはあるけれど、レベルの上がる試合だと、ディフェンス面に連携さに徹底がないと厳しいなと思いました。




それから、前プレの対応。



学生、県レベルではこの対応がきっちりできるとこはそこまで多くないのかなと。




ゆうなれば、前プレを利用したオフェンスができるチームは強い。



練習に取り入れて、対応できるように意識付けできるようには頑張っていると思います。



それがFCSSの試合で取った3点目。




4枚がとても集中して連動できていた。全員で取った点。あれこそ、フットサルといえる得点でした。




いいことばっか書きましたが、PKはずしちゃってます。



あさっての方向に飛んでいくボールの軌道のシーン・・鮮明にフラッシュバックされます・・。




明らかに平常心ではありませんでした。




明日に・・明日に・・絶対に勝たなくちゃ・・



メンタル勝負に負けました。




ああしとけば、こうしとけばが、しばらく頭の中を駆け巡りました。





イライラしたり、ハイになりすぎてたり。そんな時は間違いなくよくない。




去年の県リーグの最終節、SFOOTとのゲームは熱さのなかに冷静さが潜む感覚があって、頭が常に冷静でした。




試合前のローカルテレビのインタビューに「平常心で頑張ります」とだけ答えて望み、1試合メンタルが崩壊することなくできていたあの感じ。



だからあのブザービートを呼び込むことができていたと思うし、チームが一体になれてたと思う。




言葉を発して伝えることは大事だけれど、雰囲気を負に持っていくような声は出さないようにしていきたい。




そして、次節。



人生初の累積による出場停止。



1枚目は・・まあ誤審ですけどね。ここで書いても覆らないし、審判は絶対なのはわかっている。




ただ、チームが究極に追い込まれたこの状況で試合に出させてもらえず、何もできない自分がここにいるということ・・。




望みをつなぐためには絶対に負けられない試合。




ベンチに入れない立場の人間から言わせてもらいたいこと。




チームが1つに、一体になってほしい。




ブランコバレイアは強いです。




そして、強いと認めるチームと戦うMARDEUSも強さを発揮できるということも知っている。



チームの皆さんを信じるしかないです。



他チーム、次節は考えず、この1試合に集中しましょう。












スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/476-b2e28787

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。