スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Iリーグ第4節 vs 福山平成大学

第4節となるIリーグは2勝1敗でむかえ、IPU、広島大戦と連勝し、波に乗ったままいけると思っていたが波乱が起こった。前半、先制点を奪っていい調子でいけそうだとおもっていた。しかし、2-1にされ悪い流れ。FWが前半で2得点ずつの活躍を見せるも全体的に落ち着かない試合展開。4-2で前半を折り返す。今回も監督のようにベンチで仕事をこなした。後半はじめからディフェンスラインで回せることを考慮して、DFの豊田(1年)を石村(2年)と交代。10分後にはFWに裏でもっとボールを受けて仕事をさせようと日野(3年)と北村(3年)を交代。同時に、ボランチの核、宇野(2年)がけがを訴えるため、岡本翔(1年)と交代。立ち上がりからながれは悪く、リードしている戦い方ができなかった。追加点を許し、同点弾、ついには逆転ゴールを許してしまった。ベンチ、フィールド内、両方の雰囲気は悪くなかなか修正できなかった。切り札の出雲(1年)、井上勇(1年)を投入し、残り5分を切ってから福山大学も同点弾。最後1点を取りに行こうとしてからだった。相手に痛い6点目を与えてしまった。結果5-6。
今回の反省点は采配。
監督からは、ボランチの藤丸(2年)を起用しなかったことを言われた。
前回の広大戦で野間口(1年)を起用したことも。
選手起用の基準としては、やはり気持ちで戦えること。その次に技術などの実力。そのあとに遅刻や無断欠席などのサッカー以外の面を見ること。
全員が納得できる選手采配は難しい。しかし1番はスタメンでない選手やメンバーから外れてしまった選手などのモチベーションや気持ちの面のケア。上から引っ張る立ち場として一生懸命やっていきたい。

Iリーグ第4節 vs 福山平成大学

GK 田中
DF 豊田、井上桂、守本、久保
MF 伊藤拓、宇野、村田、濱本
FW 日野、箱崎

SUB 小澤、藤丸、出雲、岡本翔、野間口、朴、北村、石村、井上勇

5-6× 得点:日野2、箱崎2、北村
スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/44-f130160c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。