スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

ラスト2回

午前中、4月からの職場の懇談会でした。



内定者8名と多かったのが印象的でした。



役員の方の話しを聞いたり、食事を一緒にしたりしましたが、3月頭の研修も頑張ろうと思えました。



さて、ラスト2回になった少年サッカー(フットサル)。



アップをいつもと変えてやりました。



小学生には新しい事っていうのは非常に効果的かなと思っています。アップはよかったかなと思います。



でも全体的な今日の感想は、あんまり手応えがない。



全くという訳でもないけれど、もっともっと本気でやってほしい。という欲求があります。



「本気」というのが、上級生にあてはめると、確かに下級生も多く、余裕を持ってできるのは確かだけれど、そこに甘んじてしまっている感じがします。これくらいでいっかという気持ちでやってほしくありません。



もちろん、自分もフットサルをしているわけだから、プレイヤーとしての気持ちもわかるけど、自分が今フットサルが楽しいと思えているからこそ、上手くなりたいという欲求をや表に出します。小学生にも早めにその気持ちに気付いて欲しいのです。



やらされてほしくない。



けど、それは高望みかもしれないし、無茶かもしれない。



小学生は自分の力で出来ることに、大人と比べれはもちろん限界があります。



たがら、与えられたことには必死になってやってほしい。



今日は「ディフェンスで飛び込んじゃいけない」という課題を特に低学年に言いました。



真剣に聞くし、やろうともしてくれる。



ただ、これを言われたからやるんじゃなくて、身につけなければいけない。



大事な試合で簡単に足出して取られてというミスをしないように、教えてあげんといけない。


教えることは非常に難しいんです。



もっと自分が頑張らなければならないということを再確認しました!



スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://jully0120.blog60.fc2.com/tb.php/260-27e5316b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。