スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

Pivo!ChanpionsCup四国大会

3月29日、日曜日。
自分にとって一大イベントだったピヴォチャンは不甲斐なくも予選敗退という結果で終わってしまいました。Ceuは本日総勢11名という大所帯で乗り込み、アスレタユニゲットを目標に戦いました。個人的に毎試合の自分を振り返ってみると、一試合目のSTARTででるものの、ファーストタッチ→パス→カットされるという最悪な流れで立ち上がってしまい、チームの不安要素となってしまいました。あげくのはてには『サコはダメだ。かえてくれ』とピッチ内からベンチに指示を出される始末。もうこの時点でメンタルはボロボロにやられていました。しかしチームは2-1で初戦は勝点をおさめることができました。ちなみに1点の失点は自分がまた途中から入ってから。
ニ試合目は、サトシさんのわざありゴールがインパクトありすぎて内容がいまいち思い出せませんが、たちまち豪快なファールでイエローカードをくらうという最悪な事態…フローリングに足を滑らせ止まりきれなかった勢いで相手を倒してしまい、ローカルルールによる即第2PKという大ピンチを招く。しかし相手に助けられ失点には至らず。打ったミドルも力みすぎてかミートせず枠を大きく外れる。1‐1で2戦目は引き分け。3戦目は2勝した相手なので負ければ予選敗退してしまう大事な試合でした。チームは立ち上がりから後半頭まで攻守に渡り健闘しあとは決めきるだけというとこまできていたのですが、またも…自分がDFで詰めきれなかった相手に決められ0-1に。
というように、全くいいとこ無しの大会でした。10点満点中2.5点という評価が妥当…いやもしくは論外という評価も。悔しさよりもチームに対する申し訳なさが強く感じられてしまいました。
今回の立ち上がりのミスに見られるように『敵の位置や味方の位置を把握し状況をみれていない』ことや、サポートが遅い、パス出しの無駄なタメ(持って考える)があるなどが課題になると思います。来週のピヴォチャンに少しでも克服して挑めるようにしたいと思います!!そして強豪相手に生粋のMARDEUSで何処までできるか!!非常に楽しみです。今日より更に高くモチベーションもって挑みたいと思います!!

| 未分類 | コメント(0)

FUGAになりたい

全日本フットサル選手権2009、地域セントラルリーグとフットサルにおいて日本最高峰の大会が終わりすっかり「FUGA MEGURO」に影響されてしまった、MARDEUS10番です。25日発売となっていた「フットサルマガジンPivo!」にもちろんのように全日本の特集がしてあり堂々とその雄姿が文章化されていました。Fのトップ3を打破しての優勝。だれも文句のつけようがない優勝です。Fに関しては、リーグ戦終了後や契約更新だのモチベーションがどうのこうのと絞り出されたいいわけが並べられていたようにしか見えませんでした。しかし、日本のフットサルは、ブラジルはフットサルからサッカーという流れがあるが、日本はサッカーからフットサルへの転向という形がが多いと思います。だから、日本のフットサルはまだまだ強いチーム、うまい選手がたくさん出てきて、絶対的かと思われていた「名古屋オーシャンズ」が敗北してしまうように下剋上はまだ起こってしまうのではないかと思います。Fが発足してまだ間もないですしJのようにプロ制で誰もが良い環境でやっているわけではないのだから納得できる部分はあるとは思います。でも、Jのようにプロチームがアマチュアに負けることがないようにフットサル界もそうなっていかなければならないのは事実でしょう。これを広島のフットサルにあてはめたとき「福山大学サッカー部フットサルチーム」として出場した全日本フットサル選手権2009広島1次予選でも、県リーグを無敗で駆け上がってきたチームをサッカーチームが倒してしまう。個人の技術と気持ちだけで勝ててしまう。絶対的な差はフットサルではまだないと思います。プレミアカップでも練習試合な雰囲気とベストなメンバーではないをのぞいたとしても中国リーグのチームにまぐれでも3点とれてしまう。だから!!特に4月5日に行われる『Pivo!ChanpionsCup中国大会』、我がMARDEUSは強豪がひしめくAグループ。立場はチャレンジャーです。失うものなんて1つもありません。予選突破を真剣に狙っています!!FUGAがFのチームを倒したように!!皆さん頑張りましょう!!もちろんCeuでも!!

| 未分類 | コメント(0)

MARDEUS定期練習

3月24日、火曜日。

MARDEUS定期練習でした。先週みた地域CLや今週末の『Pivo!ChanpionsCup』があるということでモチベーションは今期最大に上がっています!!昔のフットサルマガジンピヴォに付録で付いていたDVDに去年『Pivo!ChanpionsCup』で優勝したFUGAなどのゴール集をみたりして更にモチベーションをあげて練習に挑みました。
最初の時点では南さん、智さん、イノさん、俺の4人でスタートだったのでいきなりフィジカルなみのキツサ…妥協しようとする自分をなんとか奮い立たせて走りました。
シュート練習では右足裏なめトラップからのシュートは個人的に好きです。トラップに成功すれば90km/時以上の速いシュートがゴールネットを突き破ります(笑)
3対3や2対2+ピヴォの練習では、判断が個人的にできてないと思います。特に前プレに来られた際背負ってから奪われた場面がいくつかありました。
あともっと全体が声だしてやれればいいとおもいました。マークや受け渡しは一歩遅れたらもう間に合いません。相手より一歩早い守備が大切だとおもいました。そのために欝陶しいとおもっても声が必要ではないかと思います!!

| 未分類 | コメント(0)

今日の僕

3月23日、月曜日。
昨晩、2時過ぎまで勉強していたので今日の朝は11時過ぎまで寝ていました。
午後からは大学に行って、就職活動に必要な書類の発行を頼みに行ったりしました。
およそ13時から16時ぐらいまで大学構内の図書館に入り、履歴書の作成などに精を出したあと、17時よりTSCのコーチ。6年生がちょうど今日卒業式だったみたいです。自分が通った道はもうすでに10年も昔の話。今日の練習は、手つなぎ鬼→しっぽ取りゲーム→リフティング→基礎→1対1→4対4のフットサルという流れで進みました。森本コーチは少し小学生のサッカーにはモチベーションが上がらないようです。確かに小学生も10人いない中での練習、親との関係もいろいろあるようです。自分にできることはとりあえず小学生の見本になってやること。しかしTSCは全員がただ純粋にサッカーが大好きでうまくなりたい!!という集団ではないみたいです。ただきている子もいれば遊び感覚、親にやらされていたり、成り行きでここにいるみたいな子もいるようです。本当に根本である「サッカーの楽しさ」を教えるということはすごく難しいなと思いました。教えるということは自分が分かっていないと本当にできないこと。自分のプレーも確かめるように小学生に教えるようにしているつもりです。だからたまにガチでボールを奪いに行ったりして小学生に「空気読めよ」的なオーラを出されますが関係なしにやります。熱意をもってやれば通じることを信じてやりたいと思います。

| 未分類 | コメント(0)

MARDEUS定期練習

3月22日、日曜日。
午前9:00より浦崎中学校でMARDEUSの定期練習日でした。
参加人数は5人と少なめでしたが、やること自体は非常に濃いTRだと思います。人数が少ない分ほとんど休む時間はなくフィジカルUPや個人の能力の向上につながっていると思います!!しかし人が多いことにこしたことはないのですが・・・
20,21の地域CLに影響されてかなりモチベーションは高まっていたのですが、お寝坊してしまい瞼を腫らしたまま10分遅れの到着。そしてアップ→基礎の間は体が非常に重く、すね筋も張ったままで最低でした。しかし徐々に体も慣れてきてきました。1対1と2対2がメインの練習で、エントラしてボールを受けたファーストタッチを重点的に意識して取り組みました。地域リーグの選手を見て感じたことが、基礎の高さ、「トラップ」や「体の使い方」です。体の芯もなかなかブレません。そういう細かい部分も意識して少しでも試合で使えるようになりたいです。
月末29日に徳島県の「うだつアリーナ」でピボチャン四国大会、4月第1週目の5日がピボチャンの中国2大会です。また、18日には沼隈で練習試合とたくさん試合が入っていて楽しみです。勉強と合わせて頑張りたいと思います。

| 未分類 | コメント(0)

地域CL観戦記in周南市総合スポーツセンター

北海道、東北、東海、北信越、関東、関西、中国、四国、九州の9地域から12チームが山口県周南市にある周南市総合スポーツセンターに集結し地域リーグ王者を決定する大会が行われていました。今回は地域リーグを制した猛者たちが集まった大きな大会で私にとってはこの2日間、大満足でした。特に印象に残ったのはやはり今年の『PUMACUP全日本フットサル選手権2009』を制した関東リーグ王者「FUGA MEGURO」でした。おおよそ20代で構成されたそのチームは他チームとは異なる異彩をはなち観衆を釘づけにしていたのではないでしょうか。監督が若く、選手たちと同い年ぐらいの人だったり、PUMACUPでMIPを獲得していたNo.6、全日本大学フットサル大会2008に出場していた順天堂大学のフットサルのメンバーや雑誌などでもよく見る選手、俺はミーハーだったのか!?と思うくらい興奮していて、Jをはじめてみた小学生のようにピッチにかじりついてみていました。しかしそんなチームを倒そうとどの試合も白熱し、歓声とため息の中試合は行われていました。今期Fに参入するエスポラーダ北海道とFUGAの試合は1-4でFUGAが勝利しましたがFUGAはJOYとR,Dに引き分けていたため準決勝進出とはなりませんでしたがまさに日本一のその実力はだてじゃありませんでした。そして僕は初めてフットサルで憧れを感じた人を見ることができました。FUGAの6番『荒牧太郎』という、我がMARDEUSのGM南さんと同じ日本大学サッカー部上がりのプレイヤーで全日の「MIP」。淡々とこなすスタイルの中に隠された気持の入ったプレー!!フィジカル、シュート力、冷静さ。自分も「こんなPLAYERになりたいと心から思いました。試合中でも審判のジャッジに不平をたらす味方ベンチに向かってピッチ内から「審判に言っても仕方ないだろ!!」落ちつけよ!!というようなことを言ったり、選ぶ言葉、パス、シュート、走りだすタイミング、もらう位置、おさめかた、どれも無駄がなくちょっとやそっとでは倒れないフィジカル。とても勉強になりました。サッカーではごろごろといるのかもしれないけれどFUTSALでこのようにレベルの高い選手を見れたのはすごくうれしかったです。
さて!!今週末から来月頭にかけて大会の目白押しです。「Pivo!ChanpionsCup」は本気で全国目指して戦いたいと思います!!強豪といわれるところとできることに喜びを感じて・・
Newサルシュー、UMBROの「サラスペシアーリ」が火を噴きます!!!

| 未分類 | コメント(0)

ウイングカップ&TSCコーチ

15日、日曜日。
北広島にある豊平どんぐり村の豊平ウイング(体育館)で、ウイングカップが開催されていて「S・FOOT」のメンバーとして参加させていただきました。非常に多くの参加チームがあり数日に分けて行われる大会です。今日は7分ハーフを2試合だけというもので、29日に決勝トーナメント(?)が行われるようになっていました。残念ながら29日は私にとって今シーズン最大のイベントのひとつである『Pivo!ChanpionsCup四国大会』が行われるので今回の予選リーグの参加のみとなってしまいました。1試合目は「gift-set」というチーム。体格のいい方が多くおられハイボールをとにかく前に蹴ってキープしシュートに持ってくるというシンプルですが軽いプレーをすればすぐに1点ものというような緊張した試合でした。個人的には緊張のせいか動きは重たく・・(試合開始直後は本当にいつも動きが重い。アップ不足なのか緊張のせいなのか・・両方か・・)落ち着いていれば1点というのも外したり非常に情けなさを感じてしまいました。前半にキックインをインサイドで合わせ1-0で折り返したのですが、チーム全体としては落ち着きが足りなく、同点にされ1-1で終了しました。S・FOOTの正規セットではなく慣れていなかったことも大きな要因でもあったと思います。2試合目は、1試合目の相手が6-0で勝っていたので得失点差の勝負となりました。35歳以上は2点というルールが採用されており代表者のヨウイチさんのハットトリックもあり1-11で勝つことが出来、なんとか29日につなげることができました。しかし!!個人的には反省点ばかり・・キックオフをマイボールからだったので「キックオフシュート」を敢行し、見事ネットに突き刺すことに成功。しかしその直後、相手の意表を突くドリブルに思わず点を決めて気持ちがゆるゆるだった自分は「足を出さずに軽いディフェンスさえしなければ100%やられない」と決心していたことも忘れ、自分の軽いプレーから1-1にされてしまい、チームの雰囲気さえもがらりと悪い方向にもっていってしまい最低でした・・チームは序盤「空回り状態」で決めれるところを外したり、自分は11点も取れた相手にたったの1点(35歳以上2得点ルールを除けば実質7点)でした。フリーで打つミドルがことごとくキーパー正面・・・CRF戦でハットトリックをすることができるのに、この失態。・・明らかに「メンタルの弱さ!!」メンタル向上はやはり経験でしかあげることはできないのでしょうか・・とにかく、気を引き締めさせてもらえた大会でした!!

そして、16日、月曜日。TSC(鞆サッカークラブ)のコーチでした。
今日は少し特別な日で、2人の6年生を教える最後の日でした。
しかし「メイン」であった当事者たちは最初30分ぐらいは諸用事でいなかったのですこし焦りました。彼らに最後に伝えた言葉は「コーチは、土日の試合にいけなかったり、大学フットサルがあったりで森本コーチほど親身になってやれなかったかもしれないがヒロシとケイ(6年生2人)のそれぞれが持つ個性に助けられTSCをひっぱてくれたことに感謝します。サッカー的なことはとにかく「パスとトラップ」を極めてほしい。サッカーはこの二つができればどこででもできる。そして、将来大きくなってテレビに出るくらい有名な選手になってほしい。俺や森本コーチ、親や、大人のコーチの方々がそう思っているから!!頑張って。」と。サッカーやフットサルをしていればいつかまた必ず会えると信じて、そしてそれを楽しみにしておれ自身も頑張ってやりたいと思いました。特にケイ!!誰にも話さなかったけど、ケイは小学生時代の自分によく似てたきがする。サッカー自体はケイの方が小学生時代と比べると全然うまいけど。無言でそばに寄ってきてリフティングをしてきたりして非常にかわいいやつでした。1度だけ体育館でしたフットサルでは本当にポテンシャルの高さを感じました。自分もいつか自分のチームを持ちたいと思っていますが、彼は俺の中でドラフト1位でしょう。しかし、彼はきっと手の届かない上のレベルに進んでくれるでしょう。俺は日向小次郎ではありませんがケイは完璧な「沢田タケシ」。絶対的な選手を見事に「輝かせる」ことができる素晴らしい選手です。森本コーチもこれで教えることが最後なのは残念と語っていました。
これからまた新しいスタートです!!

| 未分類 | コメント(0)

S.FOOT練習参加&第4回ミズノ杯

3月12日、木曜日。
三次中学校体育館にて、S.FOOTとFIREBALLの合同練習に参加してきました。参加者はだいたい20名前後だったと思います。30分ぐらい各チームでアップして残りの時間は試合形式でTRしました。フットサルとはつくづく「チームスポーツ」ということを認識させられました。また三次に帰ってきたときは練習参加させてもらいたいです。
3月14日、土曜日。
県立三次公園で、第4回となる「ミズノ杯」に参加しました。
前回S.FOOTと決勝を行い0-1で負けてしまい準優勝だったので今回こそは!!という気持ちで挑みました。突出したチームはみられなかったですが、注目だったのが「三次高校サッカー部(参加名はシャビ・アロンソ)」でした。我が母校のサッカー部と戦うということは自分の中でかなりモチーベーションが上がっていました。彼らは準決勝で「残り1秒」で得点し決勝に駒を進めていました。私たちは予選リーグでは何の危なげもなく勝ち進みましたが、準決勝でPK戦となり総師藤田さんの見事なGKの活躍で決勝に進むことができました。(今回は危なくも自分はPKを成功さす・・)
決勝はぜひ対戦したかった三次高校サッカー部。前後半、0-0の均衡した勝負で2戦連続のPK戦。最終的にはサドンデスで苦敗を喫してしまいました。前半にかけてはかなりミドルを打ち込みましたが決め切れませんでした。チームとして「守備をきっちり」という部分は今回かなり達成されていたと思います。失点も4試合で1失点、素人キーパーというのを付け加えるとなおさらです。しかしその反面、「攻撃」に対しての意識向上をしていかなければならないと思いました。自分は今回ポジション的には「ベッキ」にはいりゲームをコントロールしていましたがまだまだゲーム内で人をうまく動かせてはいません。普段同じメンバーで練習されている「FIREBALL」の先輩方はファーストセットで出られ、なかなかの安定感でしたが、途中出場した自分を含む若者達はまだまだ理解の浅さと経験の足りなさが感じられました。しかしこういったのは練習で必ず改善ができます。このぐらいいつも人が集まってフットサルができたらいいなと思いました。市内、福山などに負けない「三次」で広島県に名を轟かせることを夢見てフットサルに取り組んで行きたいです。日曜日はS.FOOTで「豊平どんぐり村」でウイングカップ参加です。

| 未分類 | コメント(2)

FIRE BALL練習参加

3月10日、火曜日。

「FIRE BALL」の練習に参加してきました。
当日、妹の卒業式があるということで実家に帰省しており、普段はMARDEUSの練習に参加しているのですが今回は1年以上ぶりにFIRE BALLの練習に参加させていただきました。

練習会場は、「作木小学校体育館」です。三つあった小学校は数年前に統合し新しく建てられた校舎と体育館があります。あまり広くはないですが床は結構きれいでした。

参加人数は、15,6人とかなりいました。僕の5つ上の先輩方や、中学時代の同級生、後輩、現役高校生、現役中学生、1番下には小学4年生がいました。かなり幅広い年齢層で練習は行われていて、なかなか新鮮な感じでした。

今回の練習で感じたこと、というか考えたのは「フットサルによる作木活性化計画」。
今の作木町は人口が1000人弱という非常に小さな町になってしまっています。
まさに少子化、高齢化というのが当てはまっているのではないでしょうか。

私が保育所から小学生、中学生まで「神楽」という伝統芸能を習っていました。当時、子ども神楽なるものは存在しておらず、非常に珍しがられ、それを見るためにたくさんの人が足を運んでこられたり、新聞社やテレビ局などもきて、その当時の大人たちはそれなりに考え「地域活性化」に貢献していたのではないかと思います。すごい嫌なのに、叱られながら泣きながらやったのを覚えています。しかし、その経験がきっと将来に役に立つはずなのです。そして、今現在の自分にフットサルに対しても別の形でこの経験が役立っているのではないかと思います。

なにがいいたいかというと、大人たちが神楽を教えてくれたように自分も将来、社会人としてちゃんと歩み始めることができるようになったら「フットサルを通じてふるさとに活気を」与えられるぐらい、今できるフットサルを全力でやろうと思ったということです。

地元中学校のサッカー部は人数が少なく廃部になってしまったらしいです。
代表者の山根さんが小学校から教えてきた子もいて、サッカーができないから、このFIRE BALLの練習にやりたい子はきているらしいです。

そういうことも聞いてますますそう思いました!!
土日は両方試合です。MFCカップでは「最速王」、プレミアカップでは「ハットトリック」、土日も何かしら!!して帰ろうと思います。でも一番には、「守備」と「走る」ということを考えてチームに貢献することを目指します。


| 未分類 | コメント(0)

プレミアカップin岡山(美作アリーナ)

3月8日、日曜日。
本日は、Ceuの方ではなくMARDEUSとして岡山の美作アリーナに行きました。
6人という少ない人数でしたが、たくさん出れるからいいやという気持ちでした。
今回は岡山県1部に所属するチームが何チームかと中国リーグに所属するチームが2チーム来られていて、レベルの高い相手とできたので非常に楽しかったです。
1試合目は、estという岡山県1部リーグの上位に位置するチーム。
個人的な感想は、「スネが痛くて走れない!!」原因不明の痛さをずるずる引きずり1-7で完敗し、うち4点以上の失点に絡んだ気がします。息は上がっていないのに足が付いてこない・・。あとかなり裏を突かれての失点がありました。自分たちの苦手な課題がはっきりしたのでそこは良かったです。
2試合目は、CRF IDEL。言わずとしれた中国リーグの猛者。中国リーグのチームと試合をするのは初めてでした。1-1でなんとか点をとられず集中した守備をしていたのですが、最後自分が1対1であっさりとられて失点してしまい2敗目。
これはいけんわ・・と思い3試合目の前に長い休憩がありましたが、その時にとにかく立ち上がりから集中していかんとまたやられる、と思い「リフティング」をして集中力を高めました。1000回いこう!!しかし、結局860回ぐらいで終了・・
3試合目は、先週浅口でMFCカップの時に対戦した、これまた岡山県リーグのチーム「TOYOTA RL岡山」前回Ceuで戦っているので戦い方は何となくわかる感じがしました。前半は攻守にわたり集中していて、自分もPivoの位置でボールを受けうまい具合にターンできたので右足を振りぬいたら左隅にゴール!!本日初得点。終了間際にもフジさんへキックインがうまく通り追加点のアシスト。すねの痛みもさほどなくなっていました。この調子でいけると思っていましたが、後半は走り負けた感じがあり最終的に2-4で負け。
最終戦は本日2度目、CRF IDEAL。中国リーグのチームに勝てるわけない・・なんて!!思うわけがありません。フットサルを本格的にし始めてから「強い」相手と試合をすることは「喜び」であることに気づきました。どのような心境だったかはほとんど開き直りに近かったです。本日の最終戦で足にもかなりの疲労はあったかもしれないですが、MARDEUSは今日一番、集中力が高いいい試合をしたと思いました。全員が守備の意識を高く前半を0-0で抑え、後半は怒涛のゴールラッシュ!!ノリさんのゴールをきっかけに、連続3得点!!自分でも驚きのハットトリックでした。サトシさんから受けたパスを、浮かしボレーにもっていって入ったのは、皆さんに「すごかった」と言われたのでうれしかったです。今回の試合をとおして自分なりにいろいろ気づけたとこもあると思うし、かなり収穫がありました。「MARDEUSの10番」は欠かせない!!と思われるように、自覚、責任をもってやりたいと思います。そして「フルボ●キ」などというお下劣な代名詞だけは避けていきたいです(笑)
来週は実家三次に1週間帰省します。29日が今一番大事な日なのでこの日に照準を合わせて、更なるフィジカルUPをしていきたいと思います!!

| 未分類 | コメント(0)

鞆SCサッカーコーチ&MARDEUS定期練習

3月3日、月曜日。
17:00より鞆小学校にて少年サッカーのコーチへ行きました。同級生の奴で一緒に行っているのがいるのですが、普段は自分はいつもサポート役としてついていっています。今回はそいつの諸事情で、一人で行くことになりました。練習メニューは、手つなぎ鬼→ボールだしゲーム→対面パス→ランパス→四か所パス→1対1対1→ゲームという流れでやりました。特に下級生に言うことは、「トラップ」と「正確に出せるパス」です。本当にまだまだおぼつかなく、サッカーにはなりません。5,6年生ばかりでやるサッカーではないので、下の子に合わせてやらないとできません。上級生には人並みにトラップできるのなら精度をどんどん高めろと言います。他の小学生よりもトラップだけはうまくなろうやと本当に口ずっぱく言います。今年に入ってからは特にそれを言い出したので少しは成果が見えてきたのかな・・とも思いますがまだまだです!!小学校の休憩時間など思いっきり使ってサッカーをしてもらいたいですね、それが一番うまくなる近道です。僕は小学生の時は本格的な指導者などいなかったので、同級生の女の子から「サッカーバカ」とあだ名をつけられるほど休憩時間はサッカーばかりしてました。図工の時間とか、何か作りなさいと言われたとき必ずサッカーに関連づけていたので「またサッカー!?」と、そのあきれられぷっりにもめげずやってきた思い出があります。どうでもいい話ですがその女の子はキーパーをさせたらすごくうまかったです・・僕は「鉄人」と呼んでいました。

3月4日、火曜日。MARDEUS定期練習日。
MARDEUSのTRの課題として重要な位置を占めているのが、「フィジカル面」だと思います。
サッカーよりも走ったり止まったりの緩急が激しく、サッカーとは違う体力の使い方ではないでしょうか。対人の練習では3~5分をフルパワーで走り止まります。かなり息も上がるし、足への疲労も相当です。もう限界だと思ったところからが、本当の練習で、これを妥協していては練習をしていないことと同じ。と自分に言い聞かせ、過去悔しかったことを思い出し、奮い立たせて「走る」ようにしています。しかし!!本当にまだまだ!!です。今月は週末にほとんど試合が入っています。モチベーションはどんどん上がっているので、追い込んでいきます!!

| 未分類 | コメント(0)

MFCカップ

3月1日、日曜日。

1月はいぬ、2月は逃げるとよく言いますが2月はあっという間に過ぎてしまい、3月に突入してしまいました。

今日は、福山のチーム「MFC」さん主催の『MFCカップ』に参加してきました。
天候は晴れ。心地よい暖かさの中できました。
さて、今回は「Ceu Grande Asa」というローザスとMARDEUSのメンバーで作られたチームで参加させてもらいました。あまり勝手なことは言えないですがこのチーム、かなり「おもしろい」チームです。それは、フットサルとしての強さとかももちろんあります。個性豊かな方々の集まりで、フットサル以外のことでもなんでも面白くしてしまうチームです。そのポテンシャルはかなり高いと思います。

今回は合計7チームの参加。Ceuは4チームの総当たりの方でやらせてもらい2勝1分けで予選通過し、準決、決勝と進むことが出来、最終的には準優勝しました。

個人的には、MARDEUSの練習でしてきたことの発揮の場だと思い意気込んでやりました。特に広島県1部リーグでやられている「ファミコンジャンプ」さんも今回参加されていて県内トップレベルのフットサルを体感できたりしてとてもいい経験になりました。今回感じたことは、フィジカルのおかげでかなり肺への負担はあまり感じることなくできていたと思いましたが、足が棒のようで辛かったです。気持ちはまだまだ出足りない!!と叫んでいるのですが足がついてこない・・・悪い取られ方や、交代のタイミングの悪さ、アフターの多さ、今回イベントで最速王というおいしいところをいただきましたが、今回はただそれだけ。最悪な動きしかできませんでした。練習では100%の力が出せても試合になると100%力が出るとは限らないからそこもかしこくやっていかなくてはならないと思いました。
3月末に、Pivo! Chanpions CupにこのCeuで参加させてもらいますがこの試合で100%の力を出すには普段の練習を120~150%くらいの勢いで!中途半端に練習をこなすのでなく個人の意識を高く持って取り組んでいきたいと思います。まず!このピヴォチャンで全国行きたいです!!
MFCさん、参加者チームの皆さん、Ceuの皆さん、今回はありがとうございました。

| 未分類 | コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。